交通事故慰謝料勉強会

交通事故の慰謝料について

交通事故による慰謝料の支払い

交通事故の慰謝料の支払いは、被害者の各々の状況によって相場が異なってくると言うことを知っておかなくてはいけません。つまり、状況によってはいくら請求しても構わないのです。 これは法律的にも認められている権利と言って間違いありません。そもそも、慰謝料と言うのは事故にあった当人の精神的な苦痛に対する賠償のことを言いますので、個人の精神的な苦痛に明確な相場を決定することは出来ません。もちろん、法律的にもある程度の基準は存在しますが、それは一般論的な考え方ですので実際は本当にどれだけ請求しても構わないようになっているのです。 実際、慰謝料請求は損害賠償と併用することが出来ます。損害賠償というのは実際に出た損害の分だけを保障するものですので、対人に対する賠償ではありません。 対人の賠償は慰謝料請求で求めることが出来るわけですから、これら二つの請求は競合することがないのです。 このように、慰謝料請求は本人の状況によってはいくらでも請求して良いわけです。

頼れる専門家探しのお手伝い

タビマスターズ

交通事故の慰謝料の金額

交通事故の慰謝料は、すべての示談交渉が終了してから支払われますので、その期間、治療や収入源の穴埋めは自分でしなければなりません。そのため、少しでも早く現金が必要であると、焦って少ない慰謝料で了承してしまうケースが少なくありません。 また、そもそも加害者が任意保険に加入しておらず、自賠責保険のみで支払われる場合が限度額が120万円と決まっています。任意の場合は過失割合で減額される反面、自賠責は120万円までは満額支払われますが、その中で壊れたものがあれば修理代、けがの治療費といった賠償額も含んでしまいますから、当然慰謝料額としては少なくなってしまいます。 事故は突然起こるものですから、備えなどないのが普通でしょうが、だからといって焦りすぎるのは禁物なのです。自分で対応するには、素人ゆえにどうしていいかわからないならば、交通事故を得意としている弁護士に相談してみるといいでしょう。様々なケースの経験を活かし、あちらの保険がどのような内容なのか確認しつつ、慰謝料額が不利にならないよう窓口になって金額交渉してくれます。

Copyright(c) 2011 交通事故慰謝料勉強会. All Rights Reserved.